2018年4月24日火曜日

詩を

捨てたという友人が
送ってきた文は

やはり奥ゆかしさが消えていて
体当たりで

嫌な印象が残った

やっぱりどこか冷めていて
どこか燃えていて

人生の共感を
呼び起こす
モーツアルト レクイエムみたいな

まあ何となくわかってきたぞ
いぶし銀の
ワインのような
過去の思い出のような
しあわせな飛騨の山の

奥の村の
ほのぼのと
それでいて大きな
ケヤキのような

2018年4月23日月曜日

優雅な休日

土曜日は朝から
親戚の子供が生まれて100日の
宮参り
我が家は大騒ぎ
その夜は音楽会
マリンバが新鮮だった
幻想的な夜だ

翌日は
朝5時から畑を耕して
鍬を備中とともに水につけて

植木鉢をいろいろと入れ替えたり
豆のネットをうまく張って
草を採って

午後には美術館で
ノルマンデイの農村風景 よかった

2018年4月15日日曜日

クレマチス

昨日
植え替えたクレマチス
ぐったりして
かわいそうなので

新しいクレマチス
探しに行って

おしゃれな花屋
見つけて


クレマチスの安いの
探して

あちこち うろうろ

するとあまり流行っていない
植木屋の店先に

あった あった ありました
それは

昨年買った店
昨年買った種類

案の定
家に帰って  鉢をほどくと

丸まっている根っこ
自由にしてやりたい

みるみる時間は過ぎ
もう夜の7時になって

楽しい休日はおわり


2018年4月14日土曜日

雨になる前に

エンドウ豆が大きく育って
早くネットを張って

蔓が伸びてきたぞ

というわけで
朝5時に起きて
支柱を取り出すが

隣近所はまだ眠っている
支柱は隣家のそばに格納されている

やっぱり
カタカタという

そおっと
並べて3本を連結して
柱を4本

ネットを張って
ハイ7時だった

アメリカでは野球が燃えている
朝飯を食った

これが朝飯前というものか

エンドウは早速蔓をまきつけて
風に吹かれている

ああ 5月には
ししとう きゅうり なす ピーマン 甘長
唐辛子 鷹の爪

植えるのだ
5月の空が 待ち遠しい

2018年4月10日火曜日

冬タイヤ

いろいろと
忙しい毎日で
冬タイヤを交換していない

4月の9日になって
桜が散っても

大野に雪が降った
ほうらみろ

だから交換は
梅雨まで待たねば

本物ではない
梅雨なら雨で

雪は消えるだろうから
こういう話を おおきな声で

叫びたい
のですが

2018年4月1日日曜日

四月

四月は残酷な月だ

有名な言葉

ああ
四月がやってきた

試験
入学
新入生

新入り

それですぐに次の
新入りが育っているのに

おお
四月だ 漢字で 四月

誰が 4月を
スタートの 月に したのか


せめて7月とか 10月
できなかったのか

まあいいや

みんなあちこちで
苦労が始まる


今日から4月だあ
桜が咲いている

桜の木の下には
○○が埋まっている

2018年3月25日日曜日

久しぶりに

いい天気で
風は少し冷たく
車のエアコン付けたり消したり

世間と違って 機嫌もよく
ラーメンとカレーに迷って
まあ楽しく 孫とドライブした
しかし 嫌なことが起きた
まず大きな書店に行き
並んでいる ほとんど全部を 読んでいない
ことに気が付いた

CDはカラヤンとベーム 
ウイーン・フイル
モーツアルト・レクイエム
ショパン・夜想曲
ビートルズ
他は知らないのだ

私のこれまでは
一体何だったか

孫がぐずるので
じじいは当たり散らした
不意を突かれて 孫もあばれる
外は春なのに
どうして こんなに 私は わがまま
嫌になった

カント ヘーゲル エリオット ランボー
織田作之助 懐かしいな